八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

島挙げて「ムシャーマ」

約200人が参加し、公民館まで練り歩いた伝統のムシャーマの仮装行列。=4日午前、波照間島集落内

約200人が参加し、公民館まで練り歩いた伝統のムシャーマの仮装行列。=4日午前、波照間島集落内

伝統行事で先祖供養
郷友や観光客訪れにぎわう

 【波照間】旧盆中日の4日、先祖供養や住民の無病息災、豊作・豊漁を祈願する伝統行事「ムシャーマ」が島を挙げて行われた。約200人がミルク神を先頭に集落内を練り歩くミチサネを披露したほか、ボー(棒)・テーク(太鼓)など伝統芸能を奉納した。1年の中で島が最もにぎわう行事。島外からも郷友や観光客が訪れ、島特有の旧盆行事を堪能した。(3面に写真特集)

 午前9時15分、波照間公民館でドラが打ち鳴らされると、過去に豊年祭で披露されていたというミチサネがスタート。ミルクが子どもたちを伴って先導し、東組、前組、西組の順に公民館まで歩いた。後方では、道化役のブーブザーや婦人らの踊りで見物客を楽しませた。

 公民館前の庭では、演舞者が勇壮なボー(棒)とテーク(太鼓)を奉納。全員で、先祖に感謝し供養するニンブチャーの輪をなした。

 午後からは場所を舞台に移して狂言や舞踊が奉納され、西組の狂言「一番コンギ」は、ヘラを持った男たちが畑の草取りにジラバを歌いながら演じた。舞踊では、崎山節や波照間島節など息の合った11演目を披露した。

 この後、東組コームッサー、西組シーシン棒と続き、各組の獅子6頭が登場すると、会場の盛り上がりは最高潮に。獅子が邪気を払い、無病息災を祈願した。

 金武清也館長は「心配されていた干ばつも、8月に恵みの雨が降り、こうしてムシャーマ日和を迎えることができた」と喜んだ。

 石垣島から訪れた郷友の70代男性は「仏壇が波照間にあり、毎年帰省しムシャーマを楽しみにしている。コームッサーとシーシン棒は見応えがあり面白い」とうれしそうに話した。

  • タグ: 波照間島ムシャーマ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム