八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

先を越されている、既成事実を積み重ねている…

 先を越されている、既成事実を積み重ねているという印象を受けないか。2018年度予算の概算要求で石垣島への自衛隊配備経費として136億円を計上した防衛省▼中山義隆石垣市長はまだ正式に受け入れを表明していない。事前の調整、説明はなかった。遅滞なく整備が進められるよう万全の措置を講じる必要があるとする同省独自の判断。市長もこれに理解を示した▼136億円は用地取得や敷地造成などに充てられる。本年度でも用地測量、土質調査、環境調査、基本設計などの経費7億円を前年度予算から繰り越して確保するなど、準備万端だ▼あとは市長の同意を待つだけとなり、最終判断の時期が焦点となるが、市長は反対派の署名運動や9月定例市議会での議論も踏まえるとしているため、定例会終了後になる見通し▼で、署名はというと、1日午後1時までに1万1013筆に達した。運動を展開する石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会の共同代表の一人は「1万人もいくかなと思っていたので、すごい数字」と驚いた▼このままのペースでいけば、目標の1万5000筆に達するだろう。無記名の住民投票と違い、個人情報の住所氏名を記入する署名である。直接の意思表示。無視できる数字ではない。これをどう受け止めるか。(比嘉盛友)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム