八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

小学算数A、全国平均超え

全国学力テストの結果を聞く市内小中学校の校長ら=8月31日午後、大浜信泉記念館

全国学力テストの結果を聞く市内小中学校の校長ら=8月31日午後、大浜信泉記念館

2017年度 全国学力・学習状況調査結果

全国学力・学習状況調査
中学は全教科で下回る

 石垣市教育委員会は8月31日、文部科学省が4月に小学6年生と中学3年生を対象に行った2017年度全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の結果を公表した。小学校は、算数Aが平均正答率80%で県平均に1ポイント届かなかったものの、全国平均を1・4ポイント上回った。中学校は、国語Aで県平均と同率だったが、全教科で全国平均を下回った。過去3年間の無解答率は小学校が横ばい状態、中学校は徐々に下がっており、改善がみられるという。

 市教委は同日午後、大浜信泉記念館で開いた臨時校長研修会で報告。市教委学校教育課の宮良健指導主事によると、正答率が低かったのは、小学校で▽漢字の書き方(国語A)や重さ・長さについての比較(算数A)など、中学校では▽比喩表現に着目して感じたことを書く(国語B)▽事象と式の対応、説明(数学B)などの問題。

 今後求められる取り組みとして▽学校の学力向上推進計画に基づいた取り組みの見直し▽授業の目標(めあて・ねらい)、振り返り活動を取り入れた授業実践の徹底▽家庭学習の充実▽ノート指導の充実▽教科の特性を踏まえた言語活動を取り入れた授業の充実▽ICTの効果的な活用—を挙げ、「全職員での共通実践をお願いしたい」と呼び掛けた。

  • タグ: 全国学力テスト
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム