八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

行動計画案を承認 石垣市

第2回の策定委員会で石垣市放課後子ども総合プラン行動計画案を審議する委員ら=8月31日夜、石垣市民会館2階会議室

第2回の策定委員会で石垣市放課後子ども総合プラン行動計画案を審議する委員ら=8月31日夜、石垣市民会館2階会議室

放課後子ども総合プラン策定委
学童、教室それぞれを強化

 石垣市放課後子ども総合プラン策定委員会(大濵民江委員長、委員9人)は8月31日、石垣市民会館会議室で第2回の会議を開き、2018年度から2年間の行動計画案を承認した。放課後児童クラブ(学童クラブ)、放課後子ども教室それぞれの取り組みを強化し、19年度までに学童クラブを16年度の9から12、子ども教室を5から17に増やす目標値を設定した。総合プラン統括コーディネーターを養成・配置するなどして学校・地域・行政の連携強化を図る、としている。

 同計画は、放課後児童クラブ、放課後子ども教室それぞれで連携可能なプログラムを実施するなど、将来的には一体的な取り組みが可能となるようにし、最終的には小学校内で運営・実施することを目標としている。

 委員からは教室利用に関し、「学校教育活動に支障がないよう提供場所、時間帯を協議する必要がある」「学校教職員の関わり方や責任を明確化してほしい」などの意見が上がった。

 市教育委員会は今後、学校施設の利用、運用に関するガイドラインの策定に向け調整をしていく。

 コーディネーターは、学校施設の調整、保護者のニーズに応じた児童の受け入れ、運営する指導員の確保などの役割を担う。

 市教委は4日から10月3日までパブリックコメント(住民意見)の募集を実施する。市のホームページで入手できるほか、いきいき学び課、児童家庭課などで閲覧できる。10月11日の第3回の策定委でパブリックコメントへの対応を審議する。

 一括交付金を活用した冠鷲プロジェクトで行っている子ども放課後教室は次年度から、県学校・家庭・地域の連携協力推進事業の補助金を活用した事業に移行されるが、運営方法に大きな変更はない。

  • タグ: 放課後児童クラブ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム