八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

しかしなぜ安倍首相はこうなのだろうかと思う。…

 しかしなぜ安倍首相はこうなのだろうかと思う。たびたび日本上空を通過させるミサイル発射でアメリカを挑発する北朝鮮への強硬な対応だ▼トランプ米大統領が「全ての選択肢がテーブルの上にある」と武力行使をちらつかせ、国連も経済制裁で圧力をかけたのに、またもミサイルが日本上空を飛び、安倍首相が強調する「圧力」だけではどうにもならないことを示した▼米大統領が解決のキーマンとする中国は「軍事力と経済制裁で解決は困難。対話が唯一の解決法だ」と米国に対話による解決を求めているが、日本も圧力一辺倒でなくそうあるべきだ▼ところが安倍首相は米国とだけ親密になって、北朝鮮や中国とは仲良くするどころか脅威と見なして敵対。とても“仲裁役”どころでない。“兵糧攻め”の圧力で「窮鼠猫をかむ」の暴発も怖い。首相は対話で日本国民の安全安心を守るべきだ▼それは自衛隊配備の中山市長も同じだ。市長は3月議会で「自衛隊配備で標的になる」との反対派の主張に、「標的と称されるときは軍事的に他国から侵入、攻撃を受けている状態だ」と意味不明の答弁をしていた▼しかし基地が標的になるのは、沖縄戦で軍隊があった石垣や西表島などが攻撃されたことで明白だ。市長の反論は配備ありきの牽強付会、こじつけだ。(上地義男)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム