八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「あなたの一票」投票を 八重山そば選手権

「2017八重山そば選手権」開催のPRを行った実行委員会=30日午後、石垣市民会館2階会議室

「2017八重山そば選手権」開催のPRを行った実行委員会=30日午後、石垣市民会館2階会議室

9月1日~10月15日まで 石垣、竹富の32店舗挑む

 八重山のソウルフードとして親しまれている八重山そばの消費拡大、魅力を発信しようと「2017八重山そば選手権」(同実行委員会主催)が9月1日~10月15日の期間で開催される。浦﨑英樹実行委員長らが30日午後、石垣市民会館で会見し、発表した。ことしは、石垣市と竹富町から八重山そば部門11、オリジナル汁そば部門12、両部門9の計32店舗がエントリー。期間中、対象メニューを食した消費者の投票で、各部門のグランプリを決める。

 投票方法は、各参加店舗に設置されているガイドブック内の投票はがきにスタンプを集め、お気に入りの店舗を記入し実行委員会事務局に郵送か、指定の店舗に提出する。投票数にカウントされる条件として、スタンプ数が5店舗以上必要となる。

 実行委員会では、今回もスタンプラリーを実施し、数を集めた対象者に特典として▽スタンプ1~4店舗=八重山そば無料券▽同5店舗以上=八重山そば食事券▽同最多店舗数=旅行券—の各抽選権利が与えられる。

 また、離島店舗へはスタンプの押印数に応じ八重山観光フェリーで乗船券の割引(最大50㌫)がある。

 初参加の鳩間島「マイトウゼ」は事前予約が必要。

 昨年の期間中、参加全店舗で約1万2000食が消費され、平年同期比で約2倍の売り上げがあった。浦﨑実行委員長は「一昨年からの盛り上がりにより、ことしも開催につながった。45日間に、たくさんの八重山そばを召し上がって、お気に入りの店舗へ『あなたの一票』を投票してほしい」と呼び掛けた。

 各部門のグランプリは11月の石垣島まつり初日に発表される。

  • タグ: 八重山そば選手権
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム