八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

森友、加計両学園疑惑で…

 森友、加計両学園疑惑で安倍首相夫妻への忖度(そんたく)が一躍有名になったが、これもその類いだろう▼6月定例市議会で野党の崎枝純夫氏が中山義隆市長の資産状況を一般質問したが、それが地方自治法で禁じる「私生活に関するもの」として知念辰憲議長が質問を打ち切り、与党が数の力で懲罰特別委員会(砥板芳行委員長、11人)まで設置したことだ▼確かに「私人」のプライバシーは厳格に守られるべきだ。しかし市長ら「公人」のプライバシーは、公共の利益のためなら公表もやむ無しというのが一般的だ▼そこで「市長がマネーゲームをして大丈夫か」と市民から疑念もある、今回の市長の那覇や東京でのマンション購入や株売買などの質問はどうだろうか、それはあくまで市長がどこまで答弁するかの問題だ▼それを議長が崎枝氏の質問を制止し、与党が戒告や陳謝、出席停止、除名などの懲罰を科すというのは、そこに数の横暴と市長選を控え痛くもない腹を探られたくない市長への忖度を感じる▼議会は与野党の別なく市長らをチェックするのが本来の仕事だ。それを議会自ら議員の質問権を制限し、市民の知る権利まで奪うべきでない。同じ与党議員からも「懲罰に値するのか」の声がある同問題。9月議会でどういう展開をみせるか注目だ。(上地義男)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム