八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

竹富町 厚労省の包括ケア導入確認 来年3月までに素案、答申へ

竹富町第8次高齢者福祉計画・第7期介護保険事業計画の第1回策定委員会が開かれた=23日午後、竹富町役場小会議室

竹富町第8次高齢者福祉計画・第7期介護保険事業計画の第1回策定委員会が開かれた=23日午後、竹富町役場小会議室

高齢者福祉・介護保険事業計画 策定委11人委嘱状交付

 竹富町第8次高齢者保健福祉計画・第7期介護保険事業計画(2018~20年度)の第1回策定委員会が23日午後、竹富町役場小会議室で開かれた。町から委嘱された委員9人が、計画策定に厚生労働省の地域包括ケア「見える化」システムを導入することで情報の一元化を図り、重点施策とする福祉介護サービスの絞り込みにつなげることを確認した。同委員会は来年3月までに素案をまとめ、答申する。

 同システムは同省が2015年7月から稼働しており、各自治体の▽介護・医療の現状分析・課題抽出支援▽課題解決のための取り組み事例の共有・施策検討支援▽介護サービス見込み量等の支援—などを提供する。

 町は前期計画策定まで、介護予防・日常生活域ニーズ調査の結果などを基に、素案をまとめていた。町福祉支援課は同システムを活用することで、より明確な町の将来像を推計し、高齢者の自立支援と要介護状態の重度化防止を図る。

 会議では同課の担当者が▽第7期介護保険事業計画策定のポイント▽竹富町高齢者の現状分析▽地域包括ケア「見える化」システム概要の三議題について説明。

 各委員からは「離島地域として医療と介護の連携充実が課題」「要介護者の認定率は微増し、要介護認定の重度化も進んでいる現状であり、それを防ぐための施策が必要」などの意見が出た。

 会議に先立ち、西大舛髙旬町長が委員14人(5人欠席)に委嘱状と辞令を交付。会長には町社会福祉協議会事務局長の東舟道博昭氏、副会長には特別養護老人ホーム南風見苑施設長の山口嘉嗣氏がそれぞれ選ばれ、西大舛町長が東舟道会長に計画策定を諮問した。

 西大舛町長は「多島一町として、島ごとの課題を洗い出す必要がある。相互に支え合う地域づくりの一層の充実に向けて、協力をお願いしたい」とあいさつした。

 第2回策定委員会は10月上旬に開催する予定。

  • タグ: 竹富町高齢者保健福祉計画介護保険事業計画
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム