八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

離島甲子園、24チーム意気込む

組み合わせ発表が行われ各チームの主将が舞台に上がり、抱負や意気込みを語る=21日午後、市総合体育館

組み合わせ発表が行われ各チームの主将が舞台に上がり、抱負や意気込みを語る=21日午後、市総合体育館

八重山勢の初戦決まる

 全国の離島から24チームが出場する第10回全国離島交流中学生野球大会(通称・離島甲子園)の開会セレモニーが21日午後、石垣市総合体育館で開かれた。

 セレモニーには宮城、東京3、新潟、三重、広島、島根、愛媛、福岡、長崎4、鹿児島5、沖縄5チームの11都県の計24チームが勢ぞろい。

 注目の組み合わせ発表で、竹富町の西表ヤマネコ・ティダボーイズは、長崎県の対馬ヤマネコボーイズとの対戦となり、ヤマネコ対決に会場がざわついた。石垣島ぱいーぐるズは、昨年優勝の宮古島アララガマボーイズとの先島対決となった。八重山勢の最後に登場した石垣島選抜は、過去2度の優勝を誇る、隠岐の島あんやらーずに決まった。

 地元を代表して石垣島のぱいーぐるズ産賀磨南斗(うぶか・まなと)君(大浜中3年)が「いろんな地域のチームと対戦できることを楽しみにしている。この美しい石垣島で大会を思う存分楽しみましょう」と歓迎した。

 大会実行委員長の中山義隆市長は「石垣島へようこそ。市制70年の記念すべき年に大会を開催できることをうれしく思う。熱い戦いを繰り広げて、たくさん交流も深めてほしい」とあいさつ。

 大会提唱者の村田兆治氏は「10回目の記念大会。これまで先輩たちが積み上げ、時代をつくり上げてきた。君たちも島に戻って島に貢献できる人になってほしい」と呼び掛けた。

  • タグ: 離島甲子園
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム