八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八島・浜崎が初代王者 登野城との接戦制す

第1回字別囲碁大会で初代優勝に輝いた八島・浜崎のメンバー=20日夕、石垣市老人福祉センター

第1回字別囲碁大会で初代優勝に輝いた八島・浜崎のメンバー=20日夕、石垣市老人福祉センター

第1回字別囲碁 郡内の高段者そろう

 郡内字別による囲碁決定戦、第1回字別囲碁大会(八重山毎日新聞社主催、石庭囲碁クラブ主管、公益財団法人日本棋院後援)が20日、石垣市老人福祉センターで行われ、初代優勝に八島・浜崎が輝いた。準優勝は登野城、3位は小浜。

 大会には石垣市から白保、石垣、登野城、宮良、新川、八島・浜崎、平真、大浜。竹富町から黒島、小浜の計10字50人が出場。1チーム5人の団体戦で争われ、2ブロックの予選リーグを勝ち抜いた上位2チームが決勝と3位決定戦を行った。

 決勝戦は、ともに予選リーグを4戦全勝で勝ち上がった八島・浜崎と登野城が対局。互いに有段者をそろえる争いは終盤まで2-2の接戦となり、勝敗の行方は副将戦に。八島・浜崎の玉城勉六段(68)が終始、局面を優位に進め、優勝を手にした。

 玉城勉さんは「勝因は全員が勝利を欲張らず、ミスをせず、楽しく打つことを全員が心掛けたこと。来年は連覇を目指したい」と笑顔を見せた。

 石庭囲碁クラブの渡久山長輝席主(82)は「郡内の高段者がそろい、レベルの高い大会だった。棋力を高め、囲碁の普及につながってほしい」と総括した。

 大会は、八重山毎日新聞社の文化活動の一環として、囲碁の普及・発展を目的に開催された。優勝チームには黒島安隆社長から優勝カップが贈呈された。

 大会結果は次の通り。

▽予選リーグA=①八島・浜崎(4勝)②小浜(2勝2敗、勝数12)③大浜(2勝2敗、同11)④石垣(2勝2敗、同8)⑤新川0勝4敗

▽同B=①登野城(4勝)②黒島(3勝1敗)③白保(2勝2敗)④宮良(1勝3敗)⑤平真(0勝4敗)

▽3位決定戦=小浜3-2黒島

▽決勝=八島・浜崎3-2登野城

▽優勝=八島・浜崎(恩河一雄、鈴木彰、伊礼吉則、玉城勉、玉城裕)▽準優勝=登野城(前里政宏、上間雅之、上原祥吉、慶田城章、伏見力)▽3位=小浜(慶田城久、仲盛長秀、大嵩善之、成底隆、黒島茂信)

  • タグ: 字別囲碁大会八島・浜崎
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム