八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

少年武蔵、九州初V 熊本代表・池上を7-2

第37回九州ブロックスポーツ少年団軟式野球交流大会で優勝した少年武蔵=20日午後、浦添市民球場

第37回九州ブロックスポーツ少年団軟式野球交流大会で優勝した少年武蔵=20日午後、浦添市民球場

スポーツ少年団軟式野球 當銘主将「気持ちを一つに」

 第37回九州ブロックスポーツ少年団軟式野球交流大会(日本体育協会など6団体主催)に沖縄県代表で出場した少年武蔵は20日、浦添市民球場で行われた準決勝で2-1のサヨナラ勝ち、決勝では7-2と快勝して初優勝を決めた。

 當銘航帆主将は「勝ち進むごとにチームが盛り上がって負ける気がしなかった。準決勝はきびしい試合だったが、チームの気持ちを一つにして勝つことができた。本当にうれしい。胸を張って石垣に帰りたい」と喜びを語った。

 金城徳美監督は「初戦は九州大会ということもあって動きに固さがあり苦戦したが、2回戦以降は自分たちの野球がしっかりできていた。試合ごとに子どもたちが成長をみせてくれた。この勢いで12月の古賀杯も優勝したい」と話した。

 結果は次の通り。

 〈準決勝〉

浦添タイガース(沖縄代表)

100000-1

010001-2

少年武蔵(沖縄代表)(浦)名嘉、翁長、名嘉-砂川

(武)上地-後浜

 〈決勝〉

少年武蔵

4001200-7

0000020-2

池上野球クラブ(熊本代表)

(武)後浜、上地-上地、後浜

(池)野村、福島-渡辺

▽本塁打=上地(武)▽二塁打=大久(武)、渡辺(池)

  • タグ: 九州ブロックスポーツ少年団軟式野球交流大会少年武蔵
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム