八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

松金物語 公演成功を祈願

石垣喜宣氏の墓前で公演の成功を祈る関係者ら=19日午後、字石垣

石垣喜宣氏の墓前で公演の成功を祈る関係者ら=19日午後、字石垣

出演者ら石垣家の墓訪問

 石垣市民会館大ホールでの旗揚げ公演を前に、八重山史劇「松金(マツンガニ)物語」(石垣市文化協会演劇部主催)の役者やスタッフら約20人が19日午後、物語の主人公の松金(マツンガニ)こと石垣喜宣(きせん)氏が眠る石垣家の墓を訪れ、公演の成功を祈願した。

 松金は、1791年に石垣頭に登用された石垣氏の童名。物語は、幼少の松金が、士族の畑と知らずに芋(ムイアッコン)を掘っているところを見つかって泥棒呼ばわりされ、貧乏を恨んだが、士族の言葉に発奮して石垣頭に出世していく内容。

 この日、舞台稽古を終えて墓前に手を合わせた松金役の仲大底学さん(33)=新川出身、東京都在=は「東京なので、なかなか皆と稽古を合わせることできないが、東京でも録音を聞きながら一人で練習している。松金の気持ちになってしっかり演じたい」と話した。

 幼少期の松金役を演じる吉本琉煌斗君(白保小4年)は「舞台が大成功するようにお祈りした」と笑顔を見せた。

 公演は9月16日に午後2時と午後6時の2部。入場料は高校生以上2000円、中学生以下1000円。全席自由席。

  • タグ: 松金物語石垣市文化協会演劇部石垣喜宣
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム