八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

豚・ヤギの血、出荷再開へ 食肉センター

血液保管室に設置された血液保管専用の冷蔵庫=18日午後、八重山食肉センター内

血液保管室に設置された血液保管専用の冷蔵庫=18日午後、八重山食肉センター内

基準適合体制整う 飲食店経営者、安堵の表情

 県八重山保健所の行政指導を受け、6月から豚・ヤギの血液の採取・出荷を停止していた八重山食肉センターは18日までに、施設整備や作業手順の追加を行うなど、法律の基準に適合する体制を整えた。豚・ヤギのと畜は月・金曜日の週2回。21日のと畜日から、注文に応じて採取・出荷を再開する。センターでは「血を使った食文化が守られる」としている。

 センターは、県北部食肉業組合がことし4月に出荷停止の行政指導を受けたのに続き、6月に同様の指導を受けた。

 と畜場法施行規則などによると、食用に供する目的で血液を採取する場合は▽採決後直ちに4度以下に冷却すること▽血液貯留室が他の部屋と区画されていること—など細かな規格基準が定められており、センターもこれらの基準を満たしていなかった。

 このためセンターは、血液専用の保管室を設け、この中に専用の冷蔵庫を置き、2度以下で温度管理を徹底。手順についても、毛をそってアルコール消毒を行った後に採決し、終了後は1頭ごとに83度以上の温湯で血液採取器具を洗浄消毒することを追加した。これらの改善により、県も基準をクリアしたと認めた。

 血液は、チーイリチー(血の炒め物)のほか、やぎ汁・牛汁など汁物にも使用されている。ヤギ・牛料理を提供する飲食店経営者の1人は「出荷停止は前もって分かっていたので予備で対応した。血がないと仕事にならない。血が料理のベースになるので再開できて良かった」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。

  • タグ: 食肉センター豚・ヤギの血液
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム