八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

竹富町議会臨時会 波照間小学校の校舎改築

波照間小学校校舎改築工事の請負契約が可決された竹富町臨時会=16日午後、町役場議場

波照間小学校校舎改築工事の請負契約が可決された竹富町臨時会=16日午後、町役場議場

7月12日付で就任し、初の議会に臨んだ仲田森和町教育長=16日午後、町役場議場

契約締結議案を可決 工期完了遅れなど懸念の声

 竹富町議会(新博文議長)は16日午後、臨時会を開き、2019年4月の供用開始を目指している波照間小中学校校舎改築事業における小学校校舎の工事請負契約を締結する議案を可決した。建築工事の契約金額は4億7638万8000円、設備工事の契約金額は9612万円。鳩間小中学校の入札不調など、学校校舎工事案件の混乱が続いたことで議員からは工期完了の遅れや設備機能面を懸念する声が上がった。

 同事業は波照間小学校の校舎が築34年で老朽化し、小中統合校舎に改築するもの。本年度は小学校校舎を着工し、鉄筋コンクリート造り2階建ての延べ床面積約1320平方㍍。普通教室4室や職員室、図書室などを設ける。

 建築工事を㈱肥後工務店(仲吉直知代表取締役)、設備工事を紫電舎(新城永一郎代表取締役)がそれぞれ請け負う。工期は2018年3月31日まで。

 同事業の指名競争入札では町教委が指名した12業者のうち9業者が辞退。残る3業者で入札が行われた。

 波照間小中学校と同様に校舎改築を予定している鳩間小中学校の事業をめぐっては、6月定例会で工事の入札不調を理由に減額補正された予算が、去る7月臨時会で追加補正されている。

 新田長男氏は「学校建設のみならず予算増減は事業着工の遅れにつながり、町民の負担にもなる。関係課と密に連携するなど、しっかり進めてほしい」と当局に改善を求めた。

 三盛克美氏は「学校関係者との話し合いを行っているか」と質疑。町教委の田代仁総務課長は学校関係者らを交えた工程会議を重ねた上で設計しており、今後の軽微な変更なども話し合っていく姿勢を示した。

 大久研一、東迎一博、上盛政秀、仲里俊一の各氏が質疑した。

 同事業は来年度、中学校校舎と調理場の改築工事を計画している。

■「スピード感で課題解決」

 仲田教育長が初議会で抱負 

 7月12日付で竹富町教育長に就任した仲田森和氏が16日午後、初の議会に臨み、「就任から約1カ月たち、ようやく周囲が見えるようになり業務にも慣れてきた。町の教育行政は本年度から3課体制となったので、スピード感を持って課題解決に当たっていきたい」と抱負を述べた。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム