八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

公共ごみ箱がひとつもない現状は、観光…

 公共ごみ箱がひとつもない現状は、観光関連税収を得ている役所としては問題ないかとこぼす友人がいる。彼は観光地で店を開き、訪れる観光客の休憩用に長いすを提供、トイレも利用させている▼ついでの買い物を期待して始めたものだが、団体客の中には、こちらの思惑とは真逆で、携行してきた飲料缶やボトル、食べ残し容器などを置き去りする人がいる。トイレを汚しても次客への気遣いなし▼残されたごみは店のごみと一緒に有料で処分してもらっている。つまり、ごみのポイ捨ては公共ごみ箱がないせいだと激越▼県内U市での話。通り沿い空き地に置かれた古い自転車のかごがごみ箱に見立てられて、空き缶が次々投げこまれあふれ出し周囲は空き缶の山に。あまりの散らかり様に今度はごみ捨て場に見立てられ、袋いっぱいの業務ごみや廃電化製品を置いて行く人も▼役所に通報しても、民有地なのでと腰を上げてもらえない。結局は地主が処理したとのこと。この伝では市内国道バイパス沿いの足つきコンクリート植栽マスもごみ箱に見立てられてしまわないか▼ごみ箱は設置後のまめな回収、清掃が課題。すぐあふれる。食べ残しは腐るし臭う。散乱すると景観を台無しにすることも。ごみは住民、旅人区別無し。ごみ目的税は避けて通れない。(仲間清隆)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム