八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

先の県中学校野球競技大会で52年ぶりに優勝…

 先の県中学校野球競技大会で52年ぶりに優勝した石垣中が、7日まで鹿児島県で開催された第42回九州中学校軟式野球競技大会でみごと3位に入り、九州代表として18日から宮崎県で開催される第39回全国中学校軟式野球大会出場を決めた▼同校にとっては昨年3月に続き2年連続の全国大会出場。八重勢は石垣第二中が昨年8月、ことし3月に全国大会に出場しているだけに、八重山の中学野球のレベルの高さがうかがえる▼九州大会では準決勝で失策から失点。兼松良明監督もは「疲れからかミスが目立った」と反省を口にした。ただ、それまでは「我慢するところは我慢し、乗るところは乗れた」とチームの成長を実感。「(全国に)通用することが分かった」とチームの力に確かな自信を持った▼全国大会まで約1週間余。期間は短いが「小さなミスを防ぐにはどうすればよいか、選手と再確認して臨みたい」と修正を図る▼内間敬太郎主将(3年)は「九州でみつかった課題を修正し、全国に臨みたい」と決意。「優勝とかではなく1戦1戦自分たちの野球をやりたい」と気負いはない。その1戦1戦の積み重ねの先に「栄光」が待っていることだろう▼八重山勢4度目の挑戦。気負いなく、石中野球を貫けばきっと優勝旗が海を渡ると信じたい。(下野宏一)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム