八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

言葉には力がある。言葉こそ民主主義である…

 言葉には力がある。言葉こそ民主主義であると思う。美辞麗句は必要ない。愚直に議論し熟議を重ねて結論を得る。そのていねいな過程が見られない国民は不幸だ▼安倍政権が崖っぷちである。つい先ごろまで盤石の「一強」だった。共謀罪法案の強行や日報隠し、お友だち優遇疑惑など「首相本人が信用できない」理由で支持率が急落した▼安倍政権は多くの言葉であふれている。美辞麗句を散りばめ首相自身が呪文のごとく唱える。言葉の真偽を見破る力が求められている▼看板政策にいわく「1億総活躍」といい、「地方創生」や「女性が輝く社会」、「働き方改革」といい、今度は大げさにも「人づくり革命」と言い出した。目先を変えるように言葉が浪費され、次々に掛け替えられる看板政策は、内容を伴っているか検証が必要だ▼首相は改造内閣について「仕事人(しごとにん)内閣」と自負してみせた。これって、まるで前閣僚の面々が資質に欠ける「お友だち内閣」だったことを認めるような言葉の軽さでは。早速「自分は素人」と言う正直な大臣も現れた▼炎暑のなか、ことしの実りに感謝し、来夏世の豊じょうを乞い願う豊年祭シーズンも峠を越えた。祈りの言葉は、共同体の繁栄と村人のいやさかを予祝する。未来に伝えたい言葉の力である。(慶田盛伸)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム