八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

次の世代へ伝統の継承を

 ▽…第85回夏季軟式野球選手権大会で22年ぶりの優勝に輝いた大浜有志会。優勝を祝う胴上げでは、米盛重巳監督が2度、3度と宙に舞った。選手らは「監督を胴上げできて良かった」と喜んだ。伝統あるチームの歴史に、また一つページが刻まれた。米盛監督は「現在のメンバーが、野球を通して次の世代へ伝統を継承してほしい」とバトンを後輩に託した。

 ▽…7日のムラプールを前に大浜字民総出の作業「ツナマカシ」が行われ、住民らは顔を真っ赤にさせてわらを束ねた。上村・下村の両責任者は「互いの綱には絶対触らない」と、明日の決戦に向けすでに戦闘モード。大浜独特の大綱はわら100%で作られ、住民がわざわざ、わらの長さを調整して切り倒すそう。伝統と各村の懸けるプライドの決着はいかに。明日の夜もにぎやかになりそうだ。

 ▽…第2回三世代楽級が6日、真栄里公園であり、親子ら150人が昔ながらの竹トンボや竹馬、こま回しなどを体験した。会場では草笛の音色が響き渡り、参加者が耳を傾けた。講師の具志堅正位さんは草笛歴64年。10歳の時から始め、曲のレパートリーは50曲余。具志堅さんが簡単に吹く横で子どもたちは四苦八苦。熟練の技術が必要で「まずは音を出すところから。熱心さと忍耐が大事」と話した。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム