八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

路上のごみのポイ捨てがなかなかやまない。…

 路上のごみのポイ捨てがなかなかやまない。家(または宿泊場所)へ持ち帰るつもりで収集したはずなのに、それが途中で投げ捨てられている。一部とはいえ住民のマナーがその体たらくでは観光客も知らず知らずマネしてしまうのではないか▼現在、好調な観光は官民挙げて入客数の増大にのみ熱心で一等肝心な観光地を結ぶ道路の美化整備などは、お世辞にも良とは、言えない▼役所が本気で観光立市を志すのであれば予算配分は率先して既存の道路の植栽整備、美化清掃に回すべきで、口が裂けても予算が無いとは言わないこと▼そこで提案。今後とも予算付けが難しいなら植栽整備は従来通り専門業者に任せ、草刈りごみ拾いなど清掃は住民の協力を得る方法。管内の学校のPTA、各種部活の父母会などを網羅しておき、最低でも隔月の美化作業を区間指定で行ってもらい、距離、時間に見合った経費を支払う案▼郡内の父母会は、ことに派遣費に困っていて、祭出店や記念品販売で友人親戚縁者に頭を下げて回っている。当事者の中にはいやいや協力している人もいる▼それが委託された道路の美化清掃の奉仕で、派遣費がある程度得られるとなれば気安く参加できるのではないか。土、日なら子どもたちも手伝える。こんな光景こそ観光地の華・誇り。(仲間清隆)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム