八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

来年の豊年祭今から楽しみ

 ▽…郡内最大の伝統行事、石垣市四カ字のムラプールが5日午後、真乙姥嶽であり、炎天下にもかかわらず大勢の市民や観光客らが訪れ、夏の一大風物詩を楽しんだ。新川字会の入嵩西純会長はあいさつの中で「この神殿でのユーニンガイはことしが最後。来年は装いを新たにして皆さんを迎えたい」と紹介。終わったばかりだが、来年の豊年祭が今から楽しみ。

 ▽…全国少年少女草サッカー大会に八重山から女子7人が出場する。加原利之監督は中学進学後に女子メンバーが減少することを憂い、「まずは大会を楽しんで。サッカーを続けたいと思ってもらえたら」と願う。ひとつの物事を継続するには多くのエネルギーが必要だが、肯定感につながる経験はその根幹を支えてくれるかも。同世代女子との試合から、勝利と「楽しさ」を持ち帰ってきてほしい。

 ▽…石垣市社会福祉協議会の石垣市要約筆記者養成講座が5日から始まった。要約筆記とは、聴覚障がい者のために、話の内容をつかみ、文字にして伝えるコミュニケーション保証。手話は苦手という人もいて、要約筆記の需要は大きいという。確かに、お年寄りなど、新しく手話を覚えるのは難しいという人も多いだろう。受講者はことし7人。認定試験合格に向けて頑張ってほしい。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム