八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八重山勢、入賞ならず 全国高文祭、郷土芸能部門

「今日が日ば 黄金日ば~黒島保里部落の芸能より~」を披露した八重高郷土芸能部(同部提供)

「今日が日ば 黄金日ば~黒島保里部落の芸能より~」を披露した八重高郷土芸能部(同部提供)

「来夏世ぬ願い」を発表した八重農郷土芸能部(同部提供)

 八重山高校郷土芸能部(岸本沙羅部長、56人)、八重山農林高校郷土芸能部(新城舞部長、25人)が出場した第41回全国高校総合文化祭みやぎ総文2017(文化庁など主催)の郷土芸能部門は4日、名取市文化会館で審査結果の発表があり、両校とも入賞はならなかった。

 八重高は3年ぶり20回目で、演目は「今日が日ば 黄金日ば~黒島保里部落の芸能より~」。八重農は2年ぶり8回目で「来夏世ぬ願い」。両校とも3日の舞台に登場した。

 八重高の石垣希望副部長は「郷土芸能部はこれからも、心からの笑顔でさらに精進する。たくさんの応援や協力ありがとうございました」、八重農の新城部長は「結果は残念だったが、一人一人が楽しく舞台に立つことができた。これも顧問、OB、地域の方の支えがあったから。本当に感謝している」とそれぞれ感謝した。

  • タグ: 全国高校総合文化祭八重山高校郷土芸能部八重山農林高校郷土芸能部
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム