八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

中国人留学生 男女7人を正社員採用

中国福建省からやって来た(右から)張怡婷さん、童富敏さん、楊媛媛さん=7月31日午後、市役所

中国福建省からやって来た(右から)張怡婷さん、童富敏さん、楊媛媛さん=7月31日午後、市役所

ロイヤルマリンパレス 海外客の対応に期待

 石垣市と竹富町でホテルを経営する㈱ロイヤルマリンパレス(吉田貴紀代表取締役社長)は、ことし4月に中国福建省から男女7人を正社員として新規採用した。7月31日午後、先行して3人が石垣に到着。そのうち1人が石垣市役所で転入手続きや、在留カード交付の申請を行った。ほか2人は1日に、竹富町役場で同様の手続きを行う。

 3人とも大学などで日本語を習得しており、発音も流ちょう。吉田社長は「中国語と日本語を話せる高度な人材。海外からの予約業務など、インバウンドの増加に一役買ってもらいたい。八重山のことをたくさん知ってもらい、八重山を広めてもらいたい」と期待を寄せた。

 石垣市民になった張怡婷(チョウ・イテイ。28)さんは「実感はまだない。日本で生活すること自体がすべて新しいこと。ワクワクしている。何にでも挑戦したい」と抱負を語った。

 西表島のホテル勤務となるに童富敏(ドウ・フビン。24)さんは「福建省では日系企業で働いていた。仕事を頑張りたい」、楊媛媛(ヨウ・エンエン。23)さんは「きれいな海でダイビングをやってみたい」と話した。

 吉田代表によると中国福建省から、八重山の事業所が留学生を受け入れるのは初めて。現在約100人の従業員を抱える吉田代表は「彼女たちは正社員として、他の日本人従業員と同じ待遇。社内でも刺激になり、活気が出ると思う」と相乗効果も期待する。

 8月末には、大学卒業を待って残り4人が来島する予定。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム