八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

【与那国町長選】町長選あす告示 保守系の一騎打ち

32022.jpg

8月6日投開票 5日間の短期決戦へ

 【与那国】任期満了に伴う8月6日投開票の町長選は同月1日告示され、4期目を目指す現職で自民党公認の外間守吉氏(67)=公明推薦=と、前町議会議長で保守系無所属新人の糸数健一氏(63)が立候補し、5日間の超短期決戦に突入する。革新側は、支持母体の与那国改革会議が擁立を断念しており、保守分裂選挙となることが確定的。一方、糸数氏の議員辞職に伴う町議補選には、糸数陣営から与那国防衛協会事務局長で新人の与那原繁氏(55)が出馬する。外間陣営が擁立を見送る方針を決めているため、与那原氏の無投票当選の公算が大きい。

 今町長選は自衛隊配備後初。これまでは保革で争われてきたが、隊員らの転入に伴う“自衛隊票”が増えたため、島内の政治的なバランスが崩れ、従来の構図に大きな変化をもたらすことに。保守支持者には選択肢が増える一方、革新支持者にとっては極めて難しい選択を迫られることになる。自衛隊票と革新票の行方が勝敗に大きな影響を与えそうだ。

 陸自駐屯地が建設されたため、自衛隊配備の是非は争点にはならず、外間氏の3期12年の町政運営が問われることになる。

 外間氏は「町民の声を形に」と政策実現能力を強調、糸数氏は「公平公正」「現状を変える」と刷新を訴えている。

 両陣営はこれまで地域懇談会や集会などで支持固めを図っており、外間陣営は21日に、糸数陣営は28日に、それぞれ総決起大会を開き、告示と同時にフル回転する態勢を構築してきた。

 告示日は外間陣営が午前8時半から自宅隣の後援会事務所前で、糸数陣営も午前8時半から崎原倉庫前でそれぞれ出陣式を行い、両候補が第一声を放つ。

 町選管によると、6月1日時点の有権者は1370人(男760人、女610人)。前回選挙(2013年8月11日)の1128人(569人、559人)から242人増えている。

  • タグ: 与那国町長選
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム