八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

豚肉を混ぜた米を葉っぱで包み、さらに月桃…

 豚肉を混ぜた米を葉っぱで包み、さらに月桃でくるんで蒸した料理を食べた。大きさも形も、ちょうど眼鏡ケースほど。台湾の先住民族のひとつ、パイワン族の村の収穫祭で出された「チナブ」だ▽北回帰線の南。海を臨み、山を背にした村は暑さがたまらないが、日陰の風は穏やか▽料理はほかにもあった。切った豚肉をネギとあえ、豚の血で固めたものを豚の腸に詰め込んだ文字通りの腸詰は「カピル」。本当のソーセージはこういうものをいうのか。アワを醸した自家製酒「マカチ」は甘酸っぱい▽そこにあるものを食べ、実りを喜び合う▽収穫祭に観光客はいなかったと思う。60代の竹富島出身者から「ぼくが小さいころは、種子取祭は島の人だけでやっていた」と聞かされたことを思い出した▽その一方で、頭目のひとり、高徳明さん(67)=パイワン名・プオン=は「この場所を日本にも紹介して、観光客が来てくれるようにしたい」と話す。高さんは私を連れてあちこちを回り、木工や刺繍、陶芸などの魅力を伝えようとした▽外から人が来れば、村は刺激を受け、ときには議論も起きるだろう。カギは、だれが決めるのかということかもしれない▽「チナブ」も「カピル」も「マカチ」もどれも手作りだった。自分たちの村の切り盛りも自分たちで。(松田良孝)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム