八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

住まいのリフォームをしても…

 住まいのリフォームをしても住む人の考えや習慣が改まらなくてはね。こぎれいに住もうと思ったのに、早速、散らかしたのでは改修したかいがない▼そんなことで、わが家はリフォーム工事中、室外に出していたすべての生活品の評価点検を行うことにした。毎日使う台所のモノを優先。捨てるに惜しくしまいこんであった鍋釜の処分、食器も必要枚数に絞り込んだ▼続いて衣類。季節に合わせて分類。思い出のみで後生大事に取ってある服は、この際処分することにした。「退職したんだから、あなたの背広は慶弔用の二着を残してあとは捨てますね」とせっせと袋に投げ込んでいる▼男は諦めも大事と見て見ぬふりをしてみるが、いざそれらが生ごみと一緒に出される日には、なぜか悲しくて、無駄な抵抗と知りつつ「本当に捨てるのか、もったいないと思わないか」とぶつぶつ言い募り後を引きずらないようにした▼さて問題は求めた趣味の品の持ち込み。散らかしてもすぐ元に戻す条件で一部に許可が出たのは書籍とCD▼持ち込み一切禁止は、寝ても覚めても頭の中で考えを巡らしている凧(たこ)関連。「凧づくりはすぐ散らかるし、大の大人が昼日中から、熱中し遊んでいる姿は家族の自慢にもならない。どうぞ倉庫で好きなだけ」と厳命された。(仲間清隆)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム