八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣中が第69回県中学校野球選手権大会

 石垣中が第69回県中学校野球選手権大会(中体連県大会)で1965年以来52年ぶり4度目の優勝という快挙を遂げた。当時のメンバーはことし67歳。「こんなにたつのか」と感慨深げだ▼2000年の本紙創刊50周年記念企画の一つとしてこれを取り上げ、島にいる当時のナインから思い出話を聞かせてもらったことがある▼65年7月25日、全琉中学野球大会を制覇したナインは、そのまま本島に残留。安い宿舎を転々としながら練習し、8月9日開幕の鹿児島県中学野球大会に備えた▼ところが台風の影響で、那覇発鹿児島行きの「ひめゆり丸」は8月8日、予定から2日遅れで出港した。鹿児島に到着したのは大会当日。しかも試合が始まる数時間前だった。選手たちは船内でユニホームに着替え、優先してパスポートの手続きを済ませて下船した▼迎えのバスが到着するまでの間、軽いウオーミングアップをしたが、体調は最悪。唯一、漁師の息子だけが船酔い知らずで、残りはみんなげんなり。そんな状態で試合会場に直行した▼まさに離島のハンディである。でも、優勝旗を持ち帰った。今も校長室に保管されている。鹿児島県開催の九州大会を前に現石中ナインにはぜひ見てもらいたい。野球部の伝統と偉業に触れることができる。きっと自信につながるはずだ。(比嘉盛友)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム