八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

西表島の大自然を観察 大原中が仲間川いかだ下り

「仲間川いかだ下り」で手作りのいかだで仲間川を下る大原中の生徒ら

「仲間川いかだ下り」で手作りのいかだで仲間川を下る大原中の生徒ら

 【西表】大原中学校(神谷勝彦校長)の三大行事の一つ「仲間川いかだ下り」がこのほど行われ、生徒22人と教職員、保護者ら総勢55人が5艇の手作りいかだで川を下った。

 同校では15で島を巣立つまでに故郷の大自然を味わってもらおうと、「西表島横断」「古見岳登頂」、仲間川いかだ下りを三大行事と位置づけ、3年間で体験している。

 これに合わせ生徒たちはドラム缶や発泡スチロールの浮きに材木を組んでいかだを製作。西表森林生態系保全センターの協力で西表島、仲間川周辺の生態系について学び準備した。 当日午前6時半に仲間川河口に集合。出発式の後、遊覧船で上流に向かい、あらかじめ運んで置いたいかだ5艇に各学年、その他が分乗して8時頃にスタート。各艇力を合わせて竹ざおを操りかいでこぎながら、それぞれのペースで下った。

 上流では香ばしいサガリバナを観賞。森に響くアカショウビンの声を聞き、涼しい川風に当たりながら真水の樹々から汽水域のマングローブへと移り変わる川岸の植生などを観察。生徒らは故郷の川を五感で感じながら大自然の中をこぎ進んだ。

 また、そうめんやそば、バーベキューなどの船上ランチや泳ぎを楽しみ、珍しそうに眺める遊覧客やカヌーの観光客に手を振って応えた。浅瀬では歩いていかだを引き、昼すぎ無事に河口にゴールした。

 次回に備えいかだを解体後、母親たちが作ったぜんざいやかき氷、差し入れのスイカをほおばった。

 終わりの会では、生徒たちは力を合わせて頑張れたことを喜び、多くの人の協力に感謝した。(山城まゆみ東部通信員)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム