八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

新チームになって最初の大会となった…

 新チームになって最初の大会となった八重山地区高校野球新人大会は、25日の優勝決定戦で八重農が八重高を4|0で下し、優勝。9日から本島で開かれる県大会に地区代表として出場することが決まった▼八重農は先の県夏季大会で4強入り。主力が2年生ということで注目されていたが、その実力は本物だった。だが、八重高も本戦では八重農に1勝1敗の五分。その実力も高い▼本戦で両校の対戦を取材したが、個々の投手力は互角だと思えるが、数で八重農に部があったようだ。打力も安打数からみると八重農か。だが、八重高も初戦の最終回にみせた集中打は特筆できよう▼投手力、打力でわずかに上回った八重農だが、残塁の多さが気になるところだ。県大会では新チームとして初めて各地区の代表校が顔をそろえる。来年夏の甲子園出場に向け、各校の戦力を知り、自校と比較、分析し、新たなステップとすべきだろう▼対戦校に恵まれない離島から地理的優位な本島勢に対抗するためには、地区内のレベルアップが必要不可欠。今大会、八商工が出遅れたが、八重農、八重高を軸に互いに競い合いレベルアップを図ってほしい▼昨年春の八重高、そしてことし夏の八重農。甲子園の影が見える所まで駒が進んだ。新チームでその実像を見たいものだ。(下野宏一)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム