八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

交通事故が多発 気象台西側と3号線交差点

石垣島地方気象台西通りと通称3号線の交差点。事故が多発している=25日午前

石垣島地方気象台西通りと通称3号線の交差点。事故が多発している=25日午前

「安全確認の徹底を」

 石垣島地方気象台西側通りと通称3号線との交差点で、出合い頭の事故が多発している。点滅信号機が設置されているものの、25日現在の物件事故は6件と、昨年の年間事故数3件をすでに上回っており、近隣住民には「死亡事故が起きてもおかしくない」と不安の声が上がっている。

 6件中5件は、通称4号線側から国道390号向け進行中の車両が一時停止や安全確認を怠ったために起きている。

 八重山警察署は、交差点にはしゃへい物がほとんどないため、徐行して一時停止すれば事故は防げるとしており、「赤信号側も黄信号側も、運転手は安全確認を徹底してほしい」と呼び掛けている。

 登野城五町内会は22日、独自に注意喚起用の看板を交差点に設置した。時差式信号機の設置も同署に要請している。

地図
  • タグ: 交通事故気象台西側と3号線交差点
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム