八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

サンドルチェ販促展開 試食で「酸味無くおいしい」

県が展開した販促活動で、果汁糖度19度以上の新品種パインアップル「サンドルチェ」を買い求める観光客ら=24日午後、JAゆらてぃく市場

県が展開した販促活動で、果汁糖度19度以上の新品種パインアップル「サンドルチェ」を買い求める観光客ら=24日午後、JAゆらてぃく市場

県園芸振興課

 県が品種改良に取り組み、今年3月に商標登録した果汁糖度19度以上を誇るパインアップル「サンドルチェ」(沖農P17)の販売促進活動が24日午後、JAファーマーズマーケットやえやま「ゆらてぃく市場」を会場に県内で初めて行われた。試食・販売コーナーには訪れた観光客や地元客からは「酸味が無くておいしい」と驚きの声が多く上がり、買い求める姿が目立った。沖縄独自のブランドパインを目指す県園芸振興課の担当者は「ブランド化を図る第一歩を八重山から始め、認知度による生産と消費の拡大を狙いたい」と期待した。

 サンドルチェの今期出荷量は八重山から3800玉、本島北部地域で1200玉を予定。このうち石垣島では10生産農家が5月から随時、出荷している。

 この日、会場の特設ブースでは約150玉を販売、試食者への食味アンケートも行った。地元や観光客を対象に年齢別の意見を聞き、今後のブランド戦略と販促活動に役立てる。

 初めてサンドルチェを試食した屋嘉部綾子さん(59)=登野城=は「酸味がないことに驚いた。甘いパインが好きだが、通常の品種より値段が高いので手が出しづらい」と話した。

 県園芸振興課は10年後には県内の作付面積を50㌶に拡大させ、約4㌧の収穫を見込んでおり、同課の兒玉博聖(ひろさと)主任は「来期も今期と同じ収量を目指している。数は少ないが、地元の方に認知してもらうことがイメージの向上につながる。他品種との差別化で首都圏などに売り込みたい」と意気込んだ。

 同課による販促活動は25日午後1時まで行われている。

  • タグ: パインサンドルチェ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム