八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

登野城小器楽クが金賞 8年ぶりの九州コン出場獲得

第57回県吹奏楽コンクール・第62回九州吹奏楽県予選・第13回南九州小編成吹奏楽コンテスト県予選で金賞に輝き、九州出場を決めた登野城小学校器楽クラブのメンバー=23日午後、宜野湾市の沖縄コンベンションセンター

第57回県吹奏楽コンクール・第62回九州吹奏楽県予選・第13回南九州小編成吹奏楽コンテスト県予選で金賞に輝き、九州出場を決めた登野城小学校器楽クラブのメンバー=23日午後、宜野湾市の沖縄コンベンションセンター

県吹奏楽コンクール

 【宜野湾】第57回県吹奏楽コンクール・第62回九州吹奏楽県予選・第13回南九州小編成吹奏楽コンテスト県予選(県吹奏楽連盟、朝日新聞社主催)の2日目が23日、沖縄コンベンションセンターで行われ、小学生の部で登野城小学校器楽クラブ(武田結菜部長、部員27人)が金賞に輝き、8月に福岡で行われる第62回九州吹奏楽コンクールに県代表として派遣されることが決まった。同校の九州コンクール出場は8年ぶり。

 小学校の部には16団体が出場。登小は、ゴールデンウイーク明けから平日は放課後から午後7時まで、土日は朝から夕方まで練習を行い、本番に備えた。全部員27人でコンクールに臨み、「センチュリア」を演奏した。

 表彰式で、金賞と九州出場が発表されると、客席から大きな歓声が湧き上がり、部員たちは目を真っ赤にして抱き合い、喜びを分かち合った。

 武田部長(6年)は「まだ実感が湧かない。もう終わったんだって感じ。九州では、金賞を目指したい」と決意を新たにした。

 川上一華さん(6年)と入松田碧さん(同)の両副部長は「きょうは、今までで一番いい演奏ができた。先生と両親に感謝したい」、「九州では、お客さんに感動してもらえるような演奏をしたい」とそれぞれ笑顔をみせた。

 第62回九州吹奏楽コンクールは8月18日、5日間の日程で福岡サンパレスと宮崎市民文化ホールの両会場で開幕。沖縄代表6校のうちの1校に選ばれた登小は18日、福岡サンパレスでトップバッターとして出場する。

  • タグ: 県吹奏楽コンクール登野城小学校器楽クラブ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム