八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

美ら星ゲート、ドームシアターを整備 石垣市

美ら星ゲート構築事業では、とぅもーるネットセンター(1階奥)にドームシアター、2階に飲食・物販の各機能の導入を計画する=20日午後、石垣港離島ターミナル内

美ら星ゲート構築事業では、とぅもーるネットセンター(1階奥)にドームシアター、2階に飲食・物販の各機能の導入を計画する=20日午後、石垣港離島ターミナル内

収支に不安の声も カフェ収益などで赤字解消

 石垣市は、石垣港離島ターミナル内の「とぅもーるネットセンター」に最新のプラネタリウムのドームシアターなどの設置や、八重山の星の魅力を紹介する施設として整備する美ら星ゲート構築事業の事前調査報告書をことし3月にまとめ、関係者に内容を説明するなど、9月定例市議会での予算計上に向けた準備を進めている。

 市は2017年度当初予算案に事業費3億6396万円を盛り込んだが、事前調査も終わっていない段階での予算計上に議会側が「とぅもーるネットセンターの失敗例がある。議会としても慎重にチェックする必要がある」などとして、事業費を財政調整基金に組み替える修正案を全会一致で可決、待ったをかけた経緯がある。

 このため、議会側は事前報告書の内容を慎重に精査した上で、事業費を認めるかどうか判断することになる。

 報告書によると、美ら星ゲートは「集まる」「知る」「楽しむ」を基本理念、「石垣島がわかるドームシアター」をコンセプトとし、1階に▽プラネタリウム上映可能な多目的ドームシアター▽番組製作・音響調整などを行うコンソールスペース▽ドームシアターとの一体利用も可能なホール・展示スペース|、2階には▽カフェ・物販スペース|などを設ける内容。

 事業は、市が初期費用を負担し、その後は運営事業者が利用料収入で自立を目指す、としている。

 事業収支案では、ドームシアターが満席率25%の場合で年間13万人余りの利用を見込む。初年度は市の初期費用があるため、黒字となるが、2年目から10年目まで赤字、これをカフェなどの収益で穴埋めする格好で運営し、全体としては6年目で累積赤字を解消できると試算。満席率30%だと5年目での赤字解消となっている。

 これについては関係者から「離島ターミナルは通過地点なのに13万人も利用するのか。本体となるシアターが10年も赤字か。これをカフェの利益でカバーできるのか」などと不安の声も出始めている。

 報告書は市観光文化課のホームページで閲覧、入手できる。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム