八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

海外資本の動きも活発化

 ▽…建設ラッシュの石垣島。なかでもホテルや商業施設、住居の着工はめまぐるしい。米原でも会員制高級リゾートホテルが建設中だが、富裕層をターゲットにした宿泊施設は少ない。石垣島ブランドを生かして、自社のリゾート会員を増やす戦略だ。島内には島外資本が多く、最近では海外資本の動きも活発化。気がかりなのはホテルを開業しても人手がいないということだ。

 ▽…平久保小学校の園児、児童9人が10日、サバニに乗って同校近くの海の沖まで行き、シュノーケリングでサンゴ礁を見る環境学習を行った。エコツアーふくみみの大堀健司代表は「山だったらあの辺りの木が枯れているなど状況が一目瞭然だが、海は入って見ないと分からない。気にしてほしい」と話す。目の前にある海だが、海中の変化は見落としがち。意識して関心を持つことが環境保全への第一歩だ。

 ▽…美崎町自治公民館は約30年前の結成直後から、期成会をつくり公民館建設に向け活動してきた。土地のない美崎町で建設用地確保が難航。竹富町役場隣の下水道の上、大鷲の象公園、離島ターミナルと変遷し2015年、新栄公園に決まった。これまでは集会や行事は他地区の公民館やホテルなど利用してきたが、ことし10月、念願の公民館が完成する。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム