八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

自動運転バスの公道テストに便乗した…

 自動運転バスの公道テストに便乗した▼空港を自動運転で出発。最初の国道交差点も正確に左折。ところがヤラブ並木にさしかかったら、自動運転の要・GPS(全地球測位システム)の感度が下がりだし、手動と併用になるとのアナウンス。トンネル同様、電波が届きにくく樹木でこうも影響を受けるとは想定外ですとの説明▼白保小前停留所では正着制御という道路縁石ぎりぎりに止められるかの実験。車いすで乗り込める10㌢程度が目標らしく、まずまずのでき。見通しのいい道路で停止していた車を追い越す実験も難なくクリア▼一等感心したのは、信号機情報の活用で先の信号を予測しスムーズに停止、通過していく走り。黄色信号を赤とみなす説明にも納得。ただし全行程での走行が制限速度内の40㌔未満のスピードなので交通量が増えてくる路線は渋滞を招いていた▼ともあれ、こんな長い公道での実証試験は世界でも初めてと自慢していたが、次回は、さらに性能(精度)を上げてハンドルとアクセルだけでなくブレーキもバックも自動、雨中、夜間の走行、緊急車両の追い抜きへの対応なども検証したい▼島の自動バスは人間だけでなく道を横切る小動物にもやさしさを。バス利用者を増やすには徒歩嫌いで性急な島人向きダイヤの研究も。(仲間清隆)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム