八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「クイズやろう」と小学2年の次男が誘って

 「クイズやろう」と小学2年の次男が誘ってくる。小学生用の国語辞典を手に、難しそうな言葉を選んで意味を読み上げる。先日はこうだった▼「相手の話を聞きながら、調子を合わせてうなずいたり何か言ったりする」「牛乳に砂糖・卵の黄身・香料などを混ぜてこおらせた食べ物」「いよいよ最後という、せっぱつまった場面」「ほんとうに自分のためになるような忠告は、厳しくて聞くのがつらいものだ、ということわざ」「働く人を守るために、労働条件の基準を決めた法律。働く時間や賃金・休日・安全などについて定められている」「新しい映画を、ふつうの映画館でみせる前に、特定の映画館である期間みせること」「スポーツで、一方が大差をつけて勝つこと。一方的な試合」▼漢字にはすべてふりがなが付いているので、ひっかかりながらもちゃんと読むことができる▼答えが思い浮かばず、「もう1回読んで」とお願いすると、「降参?」とにんまり。得意げだ▼今度はこちらがクイズを出す。答えられそうな言葉を選択して。「ピンポーン」。当たると、また、にんまり。うれしそう▼遊びを通して、言葉の意味を正しく理解し、語彙(ごい)を増やすことができる。大人にとっても意外な発見があるから、おもしろい。よし、今晩もやるか。(比嘉盛友)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム