八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

創立60周年で記念公演

総勢130人が出演し、多彩な演目を繰り広げた安室流保存会の創立60周年・玉代勢長傳生誕100年・大浜賢扶生誕102年記念公演「ばがー島ぬしらべ」=24日夕、市民会館大ホール

総勢130人が出演し、多彩な演目を繰り広げた安室流保存会の創立60周年・玉代勢長傳生誕100年・大浜賢扶生誕102年記念公演「ばがー島ぬしらべ」=24日夕、市民会館大ホール

玉代勢・大浜氏の生誕も
八重山古典音楽安室流保存会

 八重山古典音楽安室流保存会(福里喜四郎会長)の創立60周年・玉代勢長傳生誕100年・大浜賢扶生誕102年記念公演「ばがー島ぬしらべ」(同実行委員会主催)が24日夜、石垣市民会館大ホールであり、会員総勢130人が多彩な演目を披露して節目を祝った。

 舞台は全会員の「真似節」「いやり節」で座開き。舞踊「鶴亀節」「矼ゆば節」や子どもたちによる「でんさ節」「安里屋ユンタ」「繁昌節」「崎枝節」などが続いた。

 公演には東京・那覇支部の会員も参加。師範、教師、八重山古典音楽コンクール最高賞合格者30人による独唱もあり、公演を盛り上げた。

 合間には玉代勢氏と大浜氏の功績を振り返る映像の上映や、それぞれの息子、娘が独唱を披露し、両師をしのんだ。

 福里会長は「これまでの歩みを振り返りながら、先人の築きあげた歴史をさらに発展させる大きな60周年の節目にしていく所存」とあいさつした。

 同保存会は1953(昭和28)年に安室孫師(本家)、孫芳氏宅にあった八重山歌工工四原本を基に玉代勢氏と大浜氏が研究を進めたことに端を発し、58(同33)年に結成された。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム