八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

77人合格 会場に歓声

第43回八重山古典民謡コンクールの合格者発表で、手を取り合って喜び合う受験者たち=18日夜、市民会館中ホールピロティ

第43回八重山古典民謡コンクールの合格者発表で、手を取り合って喜び合う受験者たち=18日夜、市民会館中ホールピロティ

第43回八重山古典民謡コンクール
10月21日に発表会

 第43回八重山古典民謡コンクール(八重山毎日新聞社主催)は最終日の18日、優秀賞の部審査後に市民会館中ホールピロティで合格者を発表し、最優秀賞4人、優秀賞20人、新人賞43人、奨励普及賞10人の計77人が合格を果たした。会場では、挑戦者たちが張り出された番号と名前を見て一喜一憂する姿が見られた。合格者の晴れ舞台となる発表会は10月21日に石垣市民会館大ホールで行われる。

 この日は優秀賞の部の審査も行われ、65人が挑戦。終了後、午後8時半ごろに合格者の番号と名前が掲示板に張り出されると歓声が上がり、合格者同士で手を取り合ったり、家族や師匠らと抱き合ったりして喜んだ。

 金城英皓審査委員長ら各審査委員は「優秀賞の中高校生が生き生きとした伸びやかな声で歌っていて素晴らしかった」「新人賞は調弦で失敗した人が1人のみで、レベルが上がってきている」などと評価する一方、「最優秀賞はもっと聞かせるような歌を歌えるように訓練が必要」「速さが教室ごとに微妙に違う。何分という目安を決める必要がある」などと指摘した。

 合格者は次の通り。

 【最優秀賞の部】

 宮良哲史、荻野美保、中野宏、登野城吉明

【優秀賞の部】

 村上創、寄田有紀子、大城希里、屋嘉部寛、井上英則、新城まや、武岡春奈、吉元當憲、藤野育子、上原忠次、屋冝青佳、青柳陽介、中井カンナ、道村なおみ、福島繁、新城由也、猪井敏也、川端隆志、玉城万夕、山城美帆

 【新人賞の部】

 上間花菜、長嶺安三、鍾柔瑩、大城加奈子、西泊真澄、木野千暁、奥原涼子、大月慶彦、中村亜衣子、仲嶺友香、大城美紗、柳澤優子、宮良松三、宮里霞、後原保弘、瀬長正義、玉那覇和也、大屋盛丈、増田佳子、伊良皆愛花、奥川未来、富澤智子、柳澤一華、與那城安昌、矢野智英、野原佳太、服部千代子、鈴木勝、新賢次、古賀郁子、仲新城颯大、西俣尚子、村上佳子、小川健太郎、鑓水美智子、河島常一、武岡美空、具志堅快里、井形繁雄、北村誠、橋本和子、通事樹、宮良りを

奨励普及賞の部】

 西泊海捺人、慶田盛和音、安里美妃、稲福武登、丸野円香、山田健太、丸尾李成、多宇諒真、稲福真優、上原結愛

  • タグ: 第43回八重山古典民謡コンクール
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム