八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

デンサ祭り 盛大に

豊年祭の名残がある西表上原地域の「デンサ祭り」。「ミルク行列」を先頭に道踊りが行われた=17日午後、ういばるデンサ会館前の町道

豊年祭の名残がある西表上原地域の「デンサ祭り」。「ミルク行列」を先頭に道踊りが行われた=17日午後、ういばるデンサ会館前の町道

西表上原、公民館組織70年
五穀豊穣と地域発展祈願

 【西表】上原地域で40年近く続く行事「デンサ祭り」(上原公民館主催)が17日午後、公民館施設「ういばるデンサ会館」前の町道と広場で盛大に行われた。豊年祭に由来する祭り。芸能を披露しながら、五穀豊穣(ほうじょう)を祈願した。ことしは公民館組織の設立70年目の節目。住民たちが地域の発展も祈願した。

 道踊りは「ミルク行列」でスタート。婦人会による軽快な「デンサ音頭」、青年会の「マミドーマ」、上原子供会の勇壮な「棒術」などが次々と披露された。船と馬車をモチーフにした「ツナヌミン」、豊作と豊漁、子孫繁栄などを占う綱引きなど、豊年祭の名残で続く演目に盛り上がりをみせた。

 銘里智館長は「移住してきた人たちが集落になじむきっかけづくりにもなっており、住民たちの気持ちをまとめる良い機会になっている。近年は若い人たちがとても元気。これからも継続していきたい」と笑顔を見せていた。

 道踊り後の祝賀会では、同祭りに貢献してきた仲島隆史さん、平良健市さん、船浦中学校吹奏楽部に感謝状が贈られた。町の前鹿川健一副町長が祝辞を述べた。

 上原地域では、過去に豊年祭と海神祭を合わせて行っていたが、1979年ごろから現在の形に落ち着いている。祭り前日には地域主催の「デンサ節大会」が行われていたが、町主催へと移り変わった。ことしは町民俗芸能連合保存会と町が24日に共催する。

  • タグ: 西表島デンサ祭り
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム