八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「休肝日設けて!」 八重山保健所

沖縄県の肝疾患の現状について講演した前城達次氏=2日午後、市健康福祉センター

沖縄県の肝疾患の現状について講演した前城達次氏=2日午後、市健康福祉センター

肝疾患研修で呼び掛け

 2017年度肝疾患研修会(八重山保健所主催)が2日午後、市健康福祉センターで開かれ、保健師や看護師、栄養士など18人が参加した。研修会は沖縄県の平均寿命が低下している原因の一つにアルコール性肝疾患による死亡が多く、今後の住民指導に役立てることが目的。

 研修会では琉球大学医学部付属病院第1内科医師の前城達次氏が「沖縄県における肝疾患の現状、特に生活習慣病について」と題し講演した。

 前城医師は「酒を飲めない人より、酒を飲める人がたくさん飲んで肝臓を悪くする。酒をやめてもこれまでのダメージで元に戻らないこともある」と述べ、「休肝日を設け、1日20㌘(ビール中瓶1本)、1週間で140㌘未満の飲酒指導を」と呼び掛けた。

 前城医師は同日午後7時から八重山病院でも、市内の医師や看護師などの医療従事者を対象に「ウイルス性肝疾患と脂肪性肝疾患について」と題して講演した。

  • タグ: 八重山保健所アルコール性肝疾患
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム