八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

県民に夢と感動をありがとう。…

 県民に夢と感動をありがとう。私たちは、あなたのゴルフ界での活躍と功績を決して忘れない▼これこそこの人の第二の人生、旅立ちを祝福する言葉ではないだろうか。そして会見での報道各社の質問も「感動をありがとう」の言葉から始まった▼県出身で女子ゴルフの宮里藍選手(31)が29日、今季限りでの現役引退を表明した。「モチベーション(意欲)の維持が難しくなったのが一番の決め手」と語り、昨年夏ごろ引退を決意したことを明らかにした▼宮里選手は、アマチュアだった宮城・東北高3年時の2003年、国内ツアーを当時最年少の18歳3カ月で制し、大会後に初の高校生プロとなった。155㌢と小柄だが、精度の高い技術と抜群の集中力を持ち味に大活躍。国内ツアー15勝、06年から米国ツアーに本格参戦し9勝をマーク。10年には男女を通じて日本人初の世界ランキング1位に輝いている▼国境を越えた活躍もさることながら礼儀正しく、愛くるしい笑顔、誠実な受け答えなどから女子ゴルフの「藍ちゃん」と呼ばれ、デビュー以来ブームを巻き起こしファンを魅了した▼これまで受けたサポートへの感謝を述べた時に涙ぐみ、終始笑顔での対応がこの人らしい引退会見だった。今季の試合はまだある。悲願のメジャー制覇、有終の美を期待したい。(鬚川修)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム