八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣市に防犯カメラ40台 政府

石垣市が管理する防犯カメラ。新たに40台を設置予定=16日午後、石垣港離島ターミナル

石垣市が管理する防犯カメラ。新たに40台を設置予定=16日午後、石垣港離島ターミナル

犯罪の抑止・対策事業
防犯灯も郡内に475基整備

 昨年、本島うるま市で発生した米軍属(元米海兵隊員)の男による暴行殺人事件をうけ政府は本年度、犯罪抑止対策として防犯灯・防犯カメラ等緊急整備事業を実施。沖縄振興予算14億8000万円を投じ県内各市町村で防犯カメラや防犯灯の設置を行う。郡内では石垣市で防犯カメラ40台、防犯灯350基、竹富町で防犯灯85基、与那国町で防犯灯40基を整備する予定。本体と設置に係る工事費用は国が全額補助する。防犯カメラの設置が犯罪の抑止として期待される一方、プライバシー保護などの問題もあり、今後、住民への説明や合意形成が必要となりそうだ。

 石垣市では、導入するカメラ40台は、市街地を中心に島内全域での設置を検討している。

 ことしに入り、市内では空き巣や窃盗が増加傾向にある。また今月10日、石垣中学校プール内に不審者が侵入。それ以降、各学校から設置の問い合わせが増えており、市は要望に応えられるよう調整を進めている。

 カメラ設置に対する住民の反応はさまざまだ。60代男性は「至る所にカメラがあると、監視されるみたいで怖い」と懸念する。40代女性は「防犯カメラは、事件が起きた時に必要になると思う」と理解を示す。

 市の担当者は「設置の際は住宅内が映り込まないよう、カメラの向く角度に十分注意したい」とし「映像を誰かがモニターで監視しているわけではない。事件事故を未然に防ぎ、安全な街づくりのため防犯カメラを役立てたい」と話す。今後は住民への説明会も予定している。

 内閣府沖縄総合事務局によると整備にかかる3市町の補助金総額は約7600万円。3市町は6月定例議会の補正予算での計上を予定している。

 防犯灯は、市が公園や住宅地を含めた暗い夜道、竹富町は各島の公民館別に21地区、与那国町は町内の3集落にそれぞれ設置する。

 ただ、設置後の電気代や維持管理費は、各市町村が負担する。市が管理する既存の防犯灯1基(LED灯)あたりの電気代は月145円、新規で350基設置した場合、電気代は年間60万円になる。また、台風などによる破損や故障の修理費なども想定される。

 3市町はこうした維持管理費用について、数年間保障をつけるなど負担の軽減策を模索している。各担当者は「台風での故障が心配。最終的には議会で維持管理の予算を組むしかない」としている。

  • タグ: 防犯カメラ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム