八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「市長は民意を問え」 陸自施設配置案

開南集落の目と鼻の先に計画されている「石垣駐屯地」(赤線内)=18日午前、小型無人機で撮影

開南集落の目と鼻の先に計画されている「石垣駐屯地」(赤線内)=18日午前、小型無人機で撮影

開南地区に不安と動揺

 平得大俣東への陸上自衛隊配備計画をめぐり、防衛省から17日提示された「石垣駐屯地」施設配置案が目と鼻の先にある開南地区では、不安と動揺が広がっている。誘導弾を保管する弾薬庫は集落から数百㍍の距離。境界線と隣接する住宅もある。開南公民館の小林丙次館長は「誘導弾は移動式なので石垣島のどこにも持って行ける。自衛隊配備は石垣島全体の問題。市長は民意を問うべきだ」と訴える。

 案は、ゴルフ場側に施設配置が計画されており、事務庁舎と隊員宿舎を兼ねた隊庁舎3棟(1万5000平方㍍)のほか、射撃訓練をコンクリートの屋内で行う覆道射撃場(約9100平方㍍)、誘導弾と小銃弾などを保管する弾薬庫4棟(計2100平方㍍)などが予定されている。

 初めて配置案を目にした子育て中の20代女性は「ここには建たないと思って生活していたので…」と言葉を失った。40代の夫は「自宅から県道を挟んですぐ目の前が駐屯地になる。近すぎる。グランドにはヘリが来るのだろう。市有地は市民の財産。市長ひとりの判断ではなく、市民の意見を聞くべきだ」と語気を強めた。

 パインの収穫で忙しく、新聞にも目を通せなかったという當間勝さん(56)は「来ること自体に反対だが、場所は予想通り。集落に隣接するのもあり得ない。弾薬庫は200~300㍍しか離れていないだろう。市長は国の専権事項と言うが、何十年もここに住んでいる住民は何も言う権利はないのか」と憤った。

 家業を継ぐためことし1月に福岡からUターンし、生産・販路拡大を目指して農業生産法人を立ち上げたという長男(24)は「帰ってくるまでは自衛隊問題は知らなかった。急にこんな話になって…。何が起きるか怖い」と不安げ。

 一方、開南近くで水稲を営む平得在の鳩間昇さん(79)は「場所がどこであっても必要だ。自分の国は自分で守るのが国際社会の根本。防衛できる規模の自衛隊を置くのは当然だ」と強調する。

 予定地近くで働く女性は「今の時勢からすると自衛隊がいるから守られると思う。尖閣問題も人ごとではない。もっと地元が危機感を持たなければならない。力を持っていれば相手も攻めてこない」と容認する一方、「ただ、開南地区の人は不安に思うかもしれない。自分の庭に配備されたらと思うと…何も言えない」と複雑な心境を吐露した。

地図
  • タグ: 陸上自衛隊配備計画
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム