八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

透析患者増、対応困難に 郡内3医療機関

人工透析患者の増加を受け、今後の対策について意見交換する医療関係者ら=11日夜、よなは医院

人工透析患者の増加を受け、今後の対策について意見交換する医療関係者ら=11日夜、よなは医院

運用能力の限界以上
島内で医療受けられない恐れも

 末期腎不全に対する代替医療の人工透析(血液透析)を受ける患者が急増し、透析施設を有するよなは医院(与那覇朝樹院長、透析機器24台)、石垣島徳洲会病院(池原康一院長、同16台)、県立八重山病院(依光たみ枝院長、同14台)の3医療機関で対応が困難になっていることが11日、分かった。透析患者数は昨年末の159人からことし4月末時点で10人増の169人。安全に運用できる患者数166人を超えており、待機者が17人前後いることから今後も増加する見通し。与那覇院長は「透析運用能力の限界を超えている。このままでは島内で透析医療を受けられない人も出てくる」と危機感を募らせている。

 腎不全患者への人工透析は、体内の▽老廃物の除去▽電解質(ミネラル)の維持▽水分量の維持—を目的に行われ、一般的には週2~3回、1回の透析で4時間以上かけて血液を浄化する。透析患者の増加は、糖尿病による腎不全患者の増加、高齢者の増加などが要因。糖尿病患者には未治療、治療不足も多いという。

 3施設には54台の透析機器があり、同時に透析できる能力は59人で1日最大収容能力は176人となっているが、安全に透析ができるのは166人という。

 よなは医院は今月末から透析機器を2台増やすとともに全自動化で効率化を図るとともに、8月以降の旅行透析の受け付けをストップ。新八重山病院は透析患者のベッド数を現在の14床から16床に増やすことにしているが、3施設全体では機器やスタッフが足りない状況に変わりないという。設備の導入は多大な費用がかかる上、各病院のスペースの問題から厳しい現状にある。

 観光目的の旅行透析は、よなは医院と徳洲会病院が行っており、昨年は230人を受け入れ、好調な観光で今後も増えそう。徳洲会は現段階では予約制限を行っていないが、よなは医院の予約制限によるしわ寄せが予想されることから、担当者は「状況をみながら対策を検討したい」としている。

 3施設持ち回りで2カ月に1度開催されている八重山透析連絡協議会が11日夜、よなは医院で開かれ、対策として▽観光目的の旅行透析の制限▽透析予備軍の早期紹介▽腎臓病の早期発見・早期治療▽透析スタッフの増員・応援の検討▽新八重山病院の透析室拡張(30床)▽腎移植の推進(臓器意思表示カードへの登録)—などを確認した。

 八重山病院での透析室拡張について依光院長は「厳しい面もあるが、地元から声を上げることが大事」と述べた。石垣市の前底正之市民保健部長は「予防は市町村の役割」と予防や啓発に取り組んでいく考えを示した。

  • タグ: 人工透析
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム