八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

憲法改正などに危機感

5・15平和行進・平和とくらしを守る八重山地区集会について説明する川本正樹実行委員長(中)ら=9日夕、官公労共済会館内

5・15平和行進・平和とくらしを守る八重山地区集会について説明する川本正樹実行委員長(中)ら=9日夕、官公労共済会館内

5・15平和行進でアピールへ

 5・15平和行進・平和とくらしを守る八重山地区実行委員会の川本正樹委員長(連合沖縄八重山地域協議会議長)らが9日夕、官公労共済会館内で会見し、復帰記念日の15日に行う平和行進と集会の内容を発表した。川本委員長は「途中からでも参加してほしい」と呼び掛け、「米軍基地の整理縮小のほか、憲法改正や共謀罪にも危機感を持っており、アピールしていきたい」と述べた。

 平和行進は午後2時、白保小学校を出発。国道390号から南大浜線に入り、国道バイパスから730交差点、離島ターミナル前を通り、新栄公園までの約10㌔のコース。同公園で午後5時半ごろから集会を開き、集会アピールを行う予定だ。本島の平和行進実行委員長の山城博治平和センター議長も行進から加わる。昨年は約200人(主催者発表)が参加した。

 川本委員長は、共謀罪(テロ等準備罪)について「こういう集会もターゲットになるという解釈もできる。テロ防止は必要だが、結社や言論の自由を妨げてはならない。右傾化が懸念される」と話した。

 実行委員会は、県高校障害児学校教職員組合八重山支部、県教職員組合八重山支部、八重山地区労働組合協議会など4団体で構成される。

  • タグ: 5・15平和行進憲法改正
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム