八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

来館呼び掛け歌が完成 石垣市立図書館

「石垣市立図書館に行こう」を作詞・作曲した宇根底洋子さん(中央右)と編曲した大田将之さん(同左)、歌を担当した仲程玲さん(右端)、宮良りをさん(左端)=5日午前、同館

「石垣市立図書館に行こう」を作詞・作曲した宇根底洋子さん(中央右)と編曲した大田将之さん(同左)、歌を担当した仲程玲さん(右端)、宮良りをさん(左端)=5日午前、同館

宇根底洋子さん作詞・作曲
大田将之さん編曲

 石垣市立図書館(野底由紀子館長)への来館を呼び掛ける歌「石垣市立図書館に行こう」が完成し、館内で5日開かれた「こどもの日」スペシャルおはなし会で初めてお披露目された。臨時職員の宇根底洋子さんが作詞・作曲、資料サービス係長の大田将之さんが編曲したもの。同館の特徴や良さが詰まった歌詞を、木琴の柔らかな音と軽快なテンポに乗せた曲調となっており、野底館長は「図書館をもっと知ってもらい、多くの人に来てもらいたいという職員の気持ちが歌に表れている。イベントなどでも歌っていければ」と喜んでいる。

 宇根底さんがことし3月末、「図書館で会いましょう」(作詞作曲・弓削田健介)という歌を聴いたのがきっかけ。同館の良さを聞こうと、ことし1月から2月にかけて行った「ここがいいね!」アンケートの結果をヒントに4月から作詞を開始、校歌の流れを参考にし、家族の助言も得て仕上げたという。

 作曲は鼻歌で行い、大田さんがアレンジ。子どもが歌いやすいように木琴や笛の音などを使い、柔らかく仕上げるよう工夫した。

 今月2日には、宇根底さんと同館嘱託職員の仲程玲さん、宮良りをさんの3人が曲を歌って録音を済ませ、おはなし会に間に合わせた。

 宇根底さんは「立派な図書館が末永く続くようにこの歌も歌い継がれていってほしい。楽しい気持ちでますます図書館を利用してもらえたら」と笑顔。大田さんは「急に作った曲で、まだまだ足りていない部分がある。プロの方など興味がある方は声をかけてほしい」と呼び掛けている。

地図
  • タグ: 石垣市立図書館
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム