八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

経営支援事業計画を承認 石垣市商工会

本年度の事業計画や予算を承認した石垣市商工会の第43回通常総会=28日午後、市商工会館ホール

本年度の事業計画や予算を承認した石垣市商工会の第43回通常総会=28日午後、市商工会館ホール

総会で新理事に川満氏選任

 石垣市商工会(我喜屋隆会長)の第43回通常総会が28日午後、市商工会館ホールで開かれ、小規模事業所の経営支援やスーパーバイザー制度を活用し各種事業に取り組むことを盛り込んだ新年度事業計画を承認した。青年部長の交代に伴い、新理事に川満俊二氏が選任された。

 我喜屋会長は「新空港が開港して4年。昨年は観光客も124万8000人、観光消費額も788億を突破した。地域への経済波及効果は大きく有効求人倍率も1.63倍と活発化している。地域活性化に向けて各事業を積極的に取り組んでいきたい」とあいさつ。

 主な重点事業計画として▽公民館などを利用した移動商工会の実施▽石垣島ゆいまーるカードの活用やアトム通貨事業を通して地域経済の底上げ▽空港アクセス道路、旧空港跡地、美崎町再開発、南ぬ浜町開発への意見具申▽ゴルフ場建設の推進—などを決めた。

 昨年度は、経営改善普及事業で87件、7億6200万円の融資をあっせん。税務講習や助成金活用セミナーなどを20回開催し、延べ766人が受講した。まちづくり事業のやいま石垣さんばしマーケットは10回開催された。

  • タグ: 石垣市商工会通常総会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム