八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「これ以上、島を壊さないで」開設1周年記念行事が行われた…

 「これ以上、島を壊さないで」開設1周年記念行事が行われた与那国駐屯地の正門前では、与那国島の明るい未来を願うイソバの会のメンバーらがプラカードを手に立ち続けていたが、報道陣からは排除された。記者団を乗せたバスが”裏門“から出入りしたためだ▼そこまでするか。「海自配備反対」「基地以外で迷彩服でウロウロしないで」「戦わないで仲良くしよう」とのメッセージを伝えているだけなのに。何も「駐屯地を撤去せよ」とは言っていない。悔しいが、現実的ではないからと思うから▼イソバの会は、配備から3カ月後の昨年6月、町に要望書を提出した。反対していた人が不利益を被らないように、迷彩服で日常空間に入り込まないように、自衛隊に頼らず自らが過疎化対策をするように、という内容▼これからの島の未来は、自衛隊員がつくれるものではない。島でのなりわいがあるからこそ活気ある島になる。そのような人を島に引き留める、あるいは島で何かをやりたい人を支援する。そういう事業をしてほしい。島の将来を思ってのこと▼でも町の回答はない。島を分断した駐屯地の開設から1年余り。この間、融和が叫ばれてきたが、今もしこりは残る▼まず、反対していた人たちの声に耳を傾けるところから始めるべきではないか。(比嘉盛友)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム