八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

史上最大98㍉の豪雨 石垣島地方4月統計

市役所前の通りも冠水、川と化した=26日午前8時15分ごろ、いずみスーパー前交差点

市役所前の通りも冠水、川と化した=26日午前8時15分ごろ、いずみスーパー前交差点

何台もの車が水につかり、身動きが取れない状況となった市道南大浜線=午前11時ごろ

冠水道路から車両を脱出させる市職員ら=市道南大浜線、午前10時ごろ

通勤・通学時間を直撃 市民生活大混乱
各地で冠水、水没、浸水被害

 石垣島地方は26日、前線や湿った空気の影響で大気の状態が非常に不安定となり、激しい雨が降った。局地的に発達した積乱雲が発生、石垣市登野城で同日午前8時39分までの1時間に98.0㍉の猛烈な雨が降り、1896年の統計開始以降4月の史上最大を更新した。各地で道路の冠水、車両の水没、通行止めがあり、床上・床下浸水の被害もあった。猛烈な雨は通勤・通学の時間帯と重なり、出勤や登校に混乱が出るなど市民生活に大きく影響した。

 気象台によると、華南から東シナ海にのびる前線や湿った空気の影響で曇っており、雷を伴って激しい雨が降った。各地の1時間雨量は西表74・5㍉(午前6時20分まで)、盛山59.5㍉(午前8時37分まで)、川平34.5㍉(午前7時29分)。24時間雨量は登野城240.5㍉、西表168.0㍉、盛山155.0㍉、伊原間90.5㍉、川平76.5㍉となり、市街地で雨量が多かった。

 気象台は同日午前6時9分に雷注意報、同日午前6時37分に大雨洪水警報などを発令、注意を喚起した。

 市防災危機管理室によると、同日午後4時現在、新川で床上浸水1棟、登野城などで床下浸水9棟の被害があった。市消防が確認した水没車両は6台。確認された道路冠水は21カ所にのぼり、5カ所で通行止めとなった。人的被害の報告は入っていない。公的施設や学校の被害情報もない。

  • タグ: 豪雨
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム