八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

不正薬物など密輸防止を 地区税関

税関の取締強化期間をPRする磯辺敏雄支署長(右)と知念勝政統括監視官(左)

税関の取締強化期間をPRする磯辺敏雄支署長(右)と知念勝政統括監視官(左)

空と海で取り締まり強化

 沖縄地区税関石垣税関支署(磯辺敏雄支署長)は20日から5月8日までを「取締強化期間」とし、不正薬物や銃器類、テロ関連物資などの密輸防止に取り組んでいる。海外旅行先で現地の人などから不正薬物の荷物を預かり、知らずに国内に持ち込んでしまうケースが増加していることから、同支署では「ゴールデンウイークに海外旅行の予定者は、不正薬物などの運び屋として利用されないため、現地での荷物は絶対に預からないでほしい」と呼び掛けている。

 同支署では約20日間、外国船や海外からの直行便の手荷物検査、監視艇による巡回などを強化する。

 今月1日に南ぬ島石垣空港が税関空港に指定され、航空便での貨物の輸出入が可能となったことを受け、同支署は特産品の販路拡大に協力する一方、今後予想される輸入貨物に対しては「島民の生活を脅かしたり、害となるものが入ってこないよう適切な検査を行う」としている。

 沖縄地区税関管内の2016年の不正薬物の摘発件数は33件(前年対比8件、24.2㌫増)で、押収量は615㌔(前年405㌘)、722錠(前年909錠)。鉄砲摘発件数は1件・1丁だった。

 八重山地域では、クルーズ船の旅客から不正薬物2件、金地金1件が摘発され、密輸の中継地点としてなりかねないとの懸念が出ている。

 同期間は例年5月と10月に設定されているが、今回は横浜市で開催される「アジア開発銀行年次総会」に併せ、早めの実施となった。磯辺支署長は「期間中は、空・海ともに手荷物検査で時間を要する場合があるので、ご理解をお願いしたい」と協力を求めている。

  • タグ: 税関
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム