八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「不都合な史実削られる」 副読本

「石垣市教委の副読本刊行中止問題を考える」の演題で講話する三木健氏=19日夜、市健康福祉センター

「石垣市教委の副読本刊行中止問題を考える」の演題で講話する三木健氏=19日夜、市健康福祉センター

三木氏、歴史の直視強調

 副読本「八重山の歴史と文化・自然」の監修・執筆者で、石垣市史編集委員を務める三木健氏は「石垣市教委の副読本刊行中止問題を考える」の演題で講話し、「歴史を曲げては本当の教育はできない。都合の悪いことでも向き合って直視し、見つめ直すことで、近隣諸国との関係を考えられる力もついていく。継続刊行を求めたい」と強調した。

 三木氏は副読本の編集体制や執筆者、特徴などの概要や、配本の遅れ、市教育委員会から記述取り下げの要求があったことなど、これまでの経緯を説明。

 「日本にとって不都合な史実がどんどん削られており、日本を戦争のできる国にする条件整備の中の一つ。自衛隊配備の問題もある中で、いかにも今の時代を象徴している」と懸念を示し、「根底になる歴史認識がゆがむと、進む方向もそうなっていく。わずか数行かもしれないが、将来を考えるとても大事な歴史の問題。だからこそ一歩も譲れない」と述べた。

 市民向けの本の販売の準備を進めていることにも言及し、「子どもたちが郷土を学ぶ機会を失わないようにしていこう」と呼び掛けた。

  • タグ: 副読本
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム